NO11 計画的な操業と適切な運営・管理で「品質事故防止を」‼
 …貯蔵籾の穀温管理は細心の注意と各種帳簿類の記帳を確実に…

  カントリーエレベーターの品質事故(醱酵ヤケ米)が全国では毎年のように発生しています。
 その主な原因は、収穫最盛期の過剰荷受けや不適切な乾燥作業によるものですが、近年は、これらの作業が適切であっても、半乾燥貯留時または貯蔵時の外気温が高く、穀温低下が十分できていないことに起因する事故が増えています。品質事故を防ぐには、乾燥能力内での「荷受け」を厳守して基本に則した乾燥作業を行うことが最も重要ですが、半乾燥貯留や貯蔵時の入念な穀温管理、適切なローテーション操作も欠かせません。
 最近、消費者の食品の品質管理に対する安全・安心への要求はますます強くなっており、CEも大切なお米を預かる食品工場であり、こうした点からも品質事故の発生は防止しなければなりません。
 近年の事故原因の特徴ですが、経営者・施設管理者の責任によるところも大きいといえます。施設運営をオペレーター等現場作業者に任せきりにするのではなく、経営者や施設管理者、利用組合等生産者組織も含めた三者が一体となって円滑に進めることが重要です。(農業倉庫CEと防災誌№122より抜粋)
 今後は、貯蔵(保管)籾の適切な管理の段階に入り、サイロの中は外から見えませんので穀温測定が唯一頼みの綱です。外気温度・サイロ内の上部空間の気温等併せて把握し、品質保持について、下記事項に留意して、今後の施設稼働をお願いします。

1.貯蔵籾の品質保持について

① 貯蔵穀温が20℃以上のときは、籾の品質劣化が早くなることから、出来るだけ早期に20℃以下になるようにして下さい。また、ローテーションの時には、サンプルの採取を行い異臭等、品質の確認を行って下さい。

② 外気温との温度差が大きいと結露が発生しますので、ローテーションを行って、穀温を外気温に近づけて下さい。

③ 穀温の上昇は品質事故の兆候が出ておりますので、ローテーションは秋から冬、冬から春、春から初夏の外気温変化に合わせて行って下さい。
 ※ローテーションを行う場合は、必ず、サイロ替えを行い芯抜きは行わないこと。

2.乾燥作業について

 未精選籾は、未熟粒が多く、微生物が繁殖しやすく、貯蔵性が劣りますので、仕上げ乾燥が終わった籾は、精選を行い健全籾の状態で貯蔵して下さい。
 同時に計量・サンプル抽出工程を精選作業と併せて行い、貯蔵籾の重量・品質を把握するようにお願いします。

3.良品質米の出荷について

 本年産米の刈り取り時期は、8月下旬~9月初旬の悪天候及び台風の影響で刈り取りが遅れ、また倒伏した「ほ場」も多く発生し、荷受け当初の青未熟粒混入及び刈り遅れ等による被害粒混入が懸念されます。
 このことから各施設において丁寧な精選や適切な網目の使用により、未熟粒及び被害粒の混入を減らし、良品質米に仕上げるようご努力をお願いします。
 なお、色彩選別機が設置されている施設では、被害粒及び未熟粒等の除去に最大限の活用をお願いします。

※ 本年、販売先からクレームとして、着色粒(カメ虫)混入、油の異臭、胴割粒混入等が寄せられております。また、粒度等をはじめとした品質の地域差縮小の統一的取組みが期待されておりますので細心の注意を払って施設調製をお願いします。

平成27年度 米の品質事故防止強化月間中

 CEの稼働最盛期に会わせ、「米のCE品質事故発生防止強化月間」として設定され、品質事故防止、および火災・人身事故防止等、安全な施設運営に取り組むことなっております。
 期間は平成27年8月1日から10月31日までの3ヵ月間(期間は終了しても事故防止は継続)
※ JAグループ及び農業倉庫基金作成の『カントリーエレベーター品質事故防止カレンダー』に記載された事項を再確認いただき、無事故で円滑な施設稼働をお願いします。