滋賀県内では、いろんな品種のお米がつくられていますが、こうした滋賀県産のお米を総称して「近江米」と呼んでいます。

滋賀の米づくり
~消費者の食卓を意識した「安全・安心・おいしい米づくり」の推進〜

安心安全の確保

  • 適正な施肥や防除
  • 生産履歴記帳
  • 異品種等の混入(コンタミ)防止対策の徹底
  • 環境こだわり米の生産拡大
  • 農業生産工程管理(GAP)の導入

おいしいお米の品質確保

  • 消費者ニーズに応じた売れる品種への作付誘導
  • 高品質のブランド米づくりに向けたなお一層の取組
  • 土づくりや早生品種の遅植えなど、品質向上に向けた基本技術の徹底
  • 米の品質分析に基づく栽培技術の改善

安定した生産体制の確保

  • 担い手を中心とした近江米の安定生産
  • 農地の集積や機械・施設等の共同利用による低コスト稲作の実践

安全・安心・おういしい米づくりは琵琶湖を擁し、環境こだわり県である滋賀県が推進する米づくりです。土づくりを基本に、品質や食味を重視した環境にこだわった米づくりに取り組んでいます。

主要品種の概要

うるち米、酒米、もち米。滋賀県内では、さまざまな品種の米が生産されていますが、こうした滋賀県産の米を総称して「近江米」と呼んでいます。

品種名 特性・用途等 収穫期
うるち米 みずかがみ
(本県育成品種)
コシヒカリやひとめぼれの性質を受け継いだ、ほどより粘りとまろやかな甘みがあり、冷めてもおいしい極良食味の早生品種です。高温登熟性に優れ、品質が良く、炊き上がりが白く光沢があります。 8月下旬
コシヒカリ 良質、極良食味の品種で、好評を博しています。湖北、湖東、高島地域を中心に全県的に栽培されています。 9月上旬
キヌヒカリ コシヒカリの血を受け継いだ品種で、湖南、東近江、湖東地域を中心に栽培されています。 9月上旬
秋の詩
(本県育成品種)
コシヒカリを父親にもち粒が大きく粘りが強い良食味品種です。コシヒカリ等の早生品種より収穫期が遅いため、作期分散の面からも注目されています。 9月中旬
日本晴 良質、良食味の品種で、品質、収量とも変動の少ない安定した品種として定評があります。湖南、甲賀、東近江、湖東地域の平坦地を中心に栽培されています。 9月中旬
レーク65
(本県育成品種)
ヒノヒカリ(母)とキヌヒカリ(父)を親として高温登熟性が優れ、品質の劣化が少なく、ねばりが強い良食味の早生品種です。 9月上旬
ゆめおうみ
(本県育成品種)
いもち病に強く、減農薬栽培に適していることから、より環境にやさしい農業への貢献が期待される良食味品種です。 9月中旬
酒米 玉栄 大粒で、本県特産の酒造好適米として、湖東地域で主に栽培されています。 9月中旬
吟吹雪
(本県育成品種)
心白粒の発現が極めて高く、酒造適性は「山田錦」と遜色のない特性があり、酒造好的米の特産品種です。 9月下旬
もち米 滋賀羽二重糯
(本県育成品種)
昭和13年に育成されて以来、もち米として最高の評価を受け、70年にわたる生産の歴史を誇っています。現在でも最高級もち米として、県下全域で栽培されています。 9月下旬

品種別作付面積

※画像をクリックで拡大します。