美しい水をたたえるびわ湖をはじめ、豊かな自然に恵まれた滋賀県。この地はいにしえから、清涼な水・肥えた土によって育てられた農産物の産地としてその名を馳せてきました。そして「自然との共生」「食の安全」が謳われる今、滋賀県は生産者・販売者・消費者の方々と力を合わせ、農薬・科学肥料の使用料を減らすなどして自然環境に配慮した栽培を実践する「環境こだわり農業」に取り組んでいます。

環境こだわり農業推進基本計画

基本方針1 環境こだわり農業が滋賀県農業のスタンダードとなるよう推進します
基本方針2 環境こだわり農産物を滋賀ブランドとして確立します
基本方針3 生産者から消費者まで、県民みんなが支える環境こだわり農業を確立します。

環境こだわり農産物(水稲)こんなに厳しい栽培基準です

  1. 科学合成農薬の使用量を通常使用量の半分以下、延べ7成分以下にしています
  2. 科学肥料(窒素成分)を通常使用量の半分以下、4kg/10a以下にしています
  3. 琵琶湖をはじめ環境にやさしい栽培技術を取り入れています
  4. どのように栽培されたかが記録されています

環境こだわり米栽培面積の推移

10aあたりの農業薬剤費

農薬削減技術の例


温湯での種子消毒


看板を立て1筆ごとのほ場管理


濁水流出防止の確認

環境こだわり農産物PRビデオ