NO05 常時穀温の動きを監視し、害虫発生等有無の確認を
……施設内外の環境美化につとめ害虫の被害防止を……

 本年産麦類の収穫量及び品質につきましては、昨年産と比べると、収穫量・品質ともに昨年より悪い状況であることから、今後は良品質麦生産に向け丁寧な調製作業を行い、農産物検査の受検から保管管理へと移行することとなります。特に7月から9月は外気温の上昇とともに害虫の繁殖最盛期でありますので、貯蔵害虫の被害防止につきまして、下記事項にご留意をお願いします。 

1.麦の貯蔵保管について

①フレコン詰めした麦を、施設の下屋等で仮置き期間が長くなると、コクゾウ、ココクゾウ、バクガ、ノシメマダラメイガ(ノシメコクガ)が繁殖しやすい環境にあります。できるだけ早く、保管倉庫に移送し、被害が発生しない対策と管理をお願いします。

②貯蔵時は、原則的に穀温20℃以下に低下させてから、貯蔵を開始しますが、もしそれを越える場合には、気温が低下した時を見計らって、出来るだけ早い機会にローテーションを行うなど、穀温を確実に低下させてください。
 また、毎日穀温の動きをグラフ化して監視し、上昇の兆しがあれば、ローテーションを行って醗酵変質・害虫発生等の有無を確認してください。

2.環境美化について 

環境美化は、貯穀害虫の防止対策としても、大変重要です。 

①施設内の各設備、機器および作業場並びに包装容器、フレコン等害虫の潜伏場所となる資材や、それらの置き場を含めた清掃と害虫防除措置を行ってください。

②敷地内の雑草を取り除き、資材・物品を放置しないようにして下さい。

※参考 主な貯穀害虫の繁殖条件


お知らせ 大規模乾燥調製施設担当課長及びオペレーター研修会開催について(平成28年産米関係) 日 時 : 平成28年7月26日(火) 13時30分~ 場 所 : 守山市ライズヴィル都賀山※出席者名報告は7月15日(金)までに近江米振興協会事務局へFAXで報告をお願いします。