NO1 CEの管理者は、現場が春先の保管管理が徹底されているか気配りを!

昨年は例年になくCEにおける品質事故の多い年で、特に発生する原因では半乾貯留時及び貯蔵時の事故が多く、貯蔵時の主な事故原因は結露の発生です。4月に入り暖かくなりサイロに貯蔵した籾の穀温はどうなっていますか。結露水によって濡れた籾が春先の温度上昇にともなって変質するためで、つまり品質事故の原因は今起きているのです。昨年中にローテーションを行っていても、外気温がまだ比較的高い時期に行ったものであれば注意が必要です。
 以下、この時期におけるサイロ貯蔵の留意点を列記しますので、十分な管理をお願いします。

1.サイロ穀温と外気温度との差をチェック

午前8時から10時頃の外気温との差が10°Cを超えていないかをチェックし、超えていれば速やかにローテーションを実施して下さい。 「既にローテーションを行ったから」と安心していてはいけません。外気温度がまだ高かった秋に行ったローテーションでは、籾は完全に冷えていない可能性があり、再度「サイロ内籾の穀温チェック、および穀温と外気温度との差」の確認を行い、もし前日、前々日に比べて1°Cも上昇していれば、即ローテーションの実施をお願いします。特に穀温管理は毎日定時に穀温測定を行い、サイロ保管管理日誌に記録し、「グラフ化」して管理を行って下さい。

2.出庫前の結露確認について

籾摺り前には、先ずサイロ内の結露確認を行って下さい。

酸素欠乏危険作業主任者の指示にもとづき、サイロ内に結露が発生していないか確認を行い、もしも結露が発生していた場合は、品質劣化籾と正常籾との混合を避けるための措置を行って下さい。(排出作業はロープ、バケツ方式等で)

3.これからの籾管理と出庫について

4月以降に出庫予定の籾の管理は、出庫予定の籾を一旦別容器(別のサイロやDSビンまたはタンク)に移し替え、外気の温湿度に馴染ませ、少なくとも5時間以上放置した後に籾摺りを開始して下さい。

外気温度とサイロ内籾の穀温との差が、3~4°C以内であれば結露の心配はないことになりますが、それ以上の差がある籾を出庫する場合は上記操作が必要です。

【※全国CE協議会発行の「CE情報№128号」の抜粋】

平成27年産(26年播)麦の生育情報

(県農技センター「麦の生育情報№3・№4」より)

①気温・降水量経過
気温について、12月上旬から1月初めにかけて、特に日中の最高気温が低く、平年をかなり下回った。
日照時間は一時的に多かった時もあるが、12月上旬から2月初めにかけて少なかった。
降水量は、11月下旬から1月にかけてかなり多かった。(1月の降水量は平年の2.5倍)

②生育情報
県農技センター麦類作況調査では、3月中旬における11月5日播きの「農林61号」は、
平年(過去10年間)に比べ、茎数はやや少なく、草丈および葉数は平年並となっている。

③県内の状況
今冬は全般的に低温で、日照時間が少なく、降雨、降雪日が多く、ほ場が乾かず、
地下水位も高い状態で、過湿になっているほ場が多く見られる。

④赤カビ病防除
県病害虫防除所から「平成27年病害虫発生予報第1号」で、麦の「赤かび病」発生予報が
発表されましたので、小麦および六条大麦では開花始め~開花期に、二条大麦では穂揃い10日後に
農薬を散布する。散布後、降雨が続く時は追加防除を行う。

⑤排水対策
溝に水がたまる場合は、溝さらえを行い、速やかに排水する。
特に積雪の多かった地域では、融雪水の排水に努める。

⑥小麦の実肥
小麦の実肥は、開花期(出穂10日後)に窒素成分で3~4㎏/10aを施用する。

⑦六条大麦の止め葉期追肥
六条大麦では、止め葉が出た頃(出穂7日~10日前)に窒素成分で2㎏/10a程度施用する。
施用時期が遅れたり、施用量が多いと、硝子粒の発生が多くなるので注意する。